塗装の必要性

    1. 建物を劣化から守る
      風雨や紫外線、塗膜の劣化、木部の痩せ、クラックからの漏水など傷んでいたところを直し、また強くして全体の保護を高め,建物の寿命が延びます。
    2. 建物のイメージを変える
      元々の色のイメージと違う色を塗ってみたり、違う仕上げ方法を行う、色落ちした元の色を復活させる等美観を高めるために行います。
    3. 付加価値を付ける
      遮熱塗料を使用して節電対策を行ったり、光触媒塗料を使用して低汚染タイプにします。

いつごろ塗替え?

ご自宅に下記のようなことがあれば、そろそろ塗替えの時期です。
遅くなれば遅くなるほど費用もかかり、せっかく塗装しても寿命が短くなってしまいます。

早め早めの塗装が長い目で見ると、工事費が安くなるのです。

施工場所

屋根

他の場所より雨風や直射日光に当たりやすいので寿命が短い。普段見えにくい場所なので傷んでいても気づきにくい。

トタン屋根

塗替時期:サビがある ツヤがない 触ると粉が付く ペンキがはがれている

カラーベスト(コロニアル)

塗替時期:コケが生えている 元の色がなくなっている

屋根防水

塗替時期:漏水 穴 破れ 色がなくなっている

外壁

亀裂やサビが進むと、建物の中に水が入り建物全体の強度が下がり悪影響を与える。

トタン

塗替時期:サビがある ツヤがない 釘が浮いている 触ると粉が付く ほこりがついている

モルタル・ALC

塗替時期:亀裂がある 触ると粉が付く

サイディング

塗替時期:コーキングが切れている 割れている 触ると粉が付く 汚れがある

鉄部

サビが有ると穴があき、その部分を取り替えなければいけなくなり,費用がかかる。

 

鉄部

塗替時期:サビがある ツヤがない 触ると粉が付く 穴があいている

 
PAGE TOP